のぼうの城 

〜晴れた日にはつむ散歩〜   

のぼうの城

       

2011年春 のぼうの城を散歩
石田三成が落とせなかった城


 2011年3月に埼玉県行田市を散歩。ここは戦国時代、小田原攻めのとき石田三成が最終的に5万の軍勢で攻めても落とせなかった城です。籠城する忍城・成田側はたったの500といわれています。さて、どうやってたたかったんでしょう。その遺跡をみてまわりましょう。
         



和田竜「のぼうの城」が映画化
しかし東北大震災で延期に!





甲斐姫とその数奇な運命!













                                           

★埼玉県行田市忍城跡をぶらり散歩〜のぼうの城







もうすっかり城の中にはいってるんですね〜。
忍城は15個の門があったのか。





すき!こんなちょっとしたwelcomeに感動ですよ。
さて、散歩を続けましょう。





出ました!忍城です。
日本の城で優美ですよね〜。
ヨーロッパーのお城は、フランスのモンサンミッシェルなどの例外が
ありますが防御に徹した要塞≠ニいったイメージがあります。
徹底的に機能を重視しているものとおもおもわれます。


一方、日本のお城はヴィジュアルにも配慮している気がしませんか?
とてもシルエットが優美です。





橋をわたって、お城へ。
ちなみにこの橋からお堀をのぞくと魚がいっぱいでした。
「のぼうの城」によると籠城戦を安心して戦えたのはこのお堀に鯉がたくさんおり
必要に応じてこれを食料にすればよかったことがあるそうです。





忍城の説明です。
浮城と称されたこの城の由来です。





お城に鐘はつきものですね。
この鐘をならして時刻を知らせ、武士が出勤してくるイメージです。





古〜い門です。典型的な武家屋敷の門だそうです。








こういうリアルはお堀跡はいですね。
人工的につくったのがわかりますね。





諏訪神社です。




これが忍城全景です。
みてのとおり浮島といわれるのがわかりますね。
これは確かに攻めずらい。
現在はほとんど埋め立てられています。





この狛犬ですが、胸筋ありますね〜。
ここまでムキムキなの狛犬はそうそういませんよ。





徳川家達の書ですか。
忍城籠城戦後、徳川が成田氏の家臣を多く再雇用したそうです。
そのせいか徳川とのゆかりがつよいか。





こりゃまた古そうな・・・。





若いときに狐の親子を殺しちゃって、ずっと心のどこかに
ひっかかってたんだ。結構いいやつかも・・。





2011年3月11日の東日本大震災で倒れたようです。
埼玉も揺れましたのでね〜。





この角度の天守閣も立派ですね。
この前読んでいた本に面白いことが書いてありました。
各地でお城の再建で地元の観光地化をもくろむことがおおいのですが
福岡県の黒田氏福岡城だけは再建の話しすらでないそうです。
それでなくても観光客がくるから?ちがうな・・・。
5年いた経験から、今を楽しむ博多の人はあんまり過去に興味ないみたい。


▼その4はこちら!忍城をあとにして水の都のあとがわかるところへ



                                            
   

 

 ★お散歩トップページはこちらです★


Copyright (C) All Rights Reserved